会社の社長をする村瀬孝司

人々からは常に人気者といわれているのが村瀬孝司です。彼はある会社の社長を務めているのですが、その会社は社員に対してとにかく平等というシステムを導入しているのです。

どのような人にとっても評価は平等というシステムが採用されているのです。このシステムに関してですが、言ってみれば営業に使われている完全歩合制をどこの部署に対しても導入しているというものです。

例えば、営業の場合だと、基本給が少ない代わりに頑張ったらその分給料がアップするというものなのですが、それを他の部署でも採用するというものなのです。ですから、仕事が終わるのが早ければ早いほど、反対に報酬がアップするというものなのです。例えば、10時間かかる仕事でも、8時間で終わらせることが出来れば、その分結果的にコストを下げることが出来ますし、生産性もアップさせることが出来るわけです。

生産性をアップさせたならば、別に社員に給料を沢山あげる必要はないと思うでしょうが、そうではないのです。結局、人間は自分がやったことに対しては何かしらの見返りを求めるものなのです。ですから、その見返りを求めることに対して、会社として村瀬孝司は報酬を与えているわけです。そうして報酬を与えることによって、更に社員はモチベーションをアップさせることが出来ているわけです。

また、営業だけ沢山お金をもらってずるいと考える人も中にはいると思われるのですが、そういう人に対しても、村瀬孝司の会社は手を違った意味で差し伸べているのです。一般的には事務職といえば固定給となりますが、やはりこの会社ではそうではないのです。頑張れば沢山お金がもらえますし、頑張らなかったらそうではありません。ですから、その分常に緊張感を持って働くことが出来ますし、もし他の会社に行ったとしても、ここで頑張ったことは必ず力になってくれるのです。

ただ、あまりに物足りないということで、辞めた社員がすぐに戻ってくるということも少なくはないようです。そんなシステムを採用しているわけですから、社員全体のモチベーションがしっかり保たれており、村瀬孝司は社員から沢山慕われているというわけです。全て営業職のような会社ですが、それでも高いモチベーションをもって社員が仕事をしているというのは、こういうシステムであることに加えて、何よりも村瀬孝司に人間としての魅力があるからでしょう。そして、会社としても大きく成長していくことは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 町田市 リフォームをしている企業で、口コミも評判な株式会社ベストコンストラクションをご存知でしょうか…
  2. 2017年の春にはれて社会人として働くことになった松岡哲也氏は、2017年3月に大学を卒業したばかり…
  3. 人々からは常に人気者といわれているのが村瀬孝司です。彼はある会社の社長を務めているのですが、その会社…

アーカイブ

ページ上部へ戻る