プロゴルファーと花岡篤司

元プロがゴルフインストラクターになることもあります。この場合、一定の実績があれば、協会より推薦され、一定の審査が免除されます。ただし、指導実績がないプロも多いため、実技試験は必ず行われます。インストラクターの道は険しいため、プロが転向する場合も、そう容易ではありません。インストラクターとしての仕事は、技能面の指導が中心です。精神面やインストラクター養成の仕事も請け負いますが、多くの方が、フォーム矯正の依頼をされます。

世の中に出回る情報のうち、花岡篤司はゴルフに関する情報を求めます。理由は、彼がゴルフ好きだからです。コンピューターやお客さんからの口利きも有力な情報源です。特に有力な情報は、誰にも話さず、秘密の手帳に書き込んでいます。最近では、コンピューターを使って情報を集め、彼の指導をよりよい状態へと変えていくことが楽しみだそうです。指導は間違いが許されないため、慎重に慎重を期すそうです。

花岡篤司は、現在もアマチュア大会に出場し、上位の成績をとっています。成績維持は大変であるため、冬季には南の島でトレーニングをされるとか。彼にとっては、トレーニングをしている時よりも、人にレッスンを教えている時の方が楽しいそうです。彼は大会で上位の成績を残すため、自分に嘘をつかないよう心がけているそうです。自分に嘘をついてしまえば、必ず悪い結果が伴うとか。自分と常に向き合い、鍛練を続けることで、徐々に自分の壁が薄らいでくるそうです。

花岡篤司は、考えを整理するときに、メモ帳を使っています。自分の思いついたアイディアを整理することで、その欠陥が見えてくるからだそうです。実際、ビジネスパーソンの方も、この方法を用いられているそうですし、花岡篤司のやり方はほぼ正しいと言えます。自分が言いたい情報と、そこに至るまでの道筋を考えれば、次に何が来るかは一目瞭然です。少なくとも、数学や国語等の学問を通して、彼はそのメッセージを読み取りました。結果、彼は自分の考えをシンプルに伝えられるようになりました。

花岡篤司はプロにはなれませんでしたが、彼の思いは今も綿々と続いています。彼は自分が心底役立たずだと言う事を知っています。既存の価値観では全く対処できないのがゴルフの世界です。自然の強さに無力感を感じながらも、一つずつ丁寧にステップを踏んで、想像力を膨らませることで、事態の収拾と解決に励んでいます。彼はプロのインストラクターとして、常に努力をされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一軒家の場合ですと物置などがありますが、賃貸物件の場合ですと収納スペースが十分でないケースが多いかと…
  2. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  3. 秀光ビルドはそれぞれの家族の理想を叶えるための素晴らしい商品ラインナップを用意しています。5つの選択…

アーカイブ

ページ上部へ戻る