クリエイティブディレクター?関根義光さんの仕事を知りたい

クリエイティブ・ディレクターとは、広告制作における責任者。販売促進やイメージアップを本気で考える際、絶対に必要になるポジションです。クリエイティブ・ディレクターの関根義光さんは、「SYC」という株式会社を設立し、ハイクオリティな広告制作を提供しています。今回は、SYCと彼の思想についてご紹介します。

コピーライター出身のディレクター
広告制作というと、ついグラフィックな要素に目を奪われてしまう人もいるかもしれません。確かに、ビジュアル面はとても重要なものです。「どんなモデルが、どんな構図で」という点を見て、購買意欲を喚起されるユーザーがいることも事実だと思います。しかし、関根義光さんはコピーライター出身のクリエイティブ・ディレクターとして、文字にもこだわります。商品の魅力を徹底的に炙り出し、キャッチーなコトバで広告の受け手を刺激するのです。

後進の育成にも注力
関根義光さんは、クリエイティブ・ディレクターとして10年以上広告制作に携わっています。従来、個人事業主として活動していましたが、現在は株式会社SYCを設立し、従業員を雇用して精力的に活動中。その理由について、関根義光さんは「後進を育成したいから」と話しています。人間、自分の成功を収めると、次に誰かの成功を支え、社会に還元したいものかもしれません。SYCの目的は、商品やサービスの販売促進・イメージアップだけでなく、広告マンの育成という意味も持っているのです。

現在、関根義光さんが手がける仕事は、大手不動産会社の広告。「どのようなコトバで広告の受け手に訴求するかで頭がいっぱいだ」と話す彼の口ぶりは、今後の展望に対するワクワク感で溢れています。今後も、彼の作品が多数世に出ることが期待できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は人材派遣会社です。働き方改革が叫ばれている昨今、人材派遣会社の役割は多種多様に変化…
  2. 一軒家の場合ですと物置などがありますが、賃貸物件の場合ですと収納スペースが十分でないケースが多いかと…
  3. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
ページ上部へ戻る