HMDコンサルタンツがもてはやされている理由

HMDコンサルタンツが行っている児童教育は、あくまでも、児童のやる気や前向きな姿勢を引き出す取り組みに終始しており、多くの賛同を得ています。簡単にこたえを教えるのではなく、考え方を教えるという教育方針が保護者をはじめ、多くの人に受け入れられています。HMDコンサルタンツが運営するアイリスクラブは、平成22年の設立以来、その活動は徐々に地域住民を中心にして広がりを見せています。放課後を過ごす児童を預かったり、発達障害を持つ児童への教育などを行うことで、大きな社会貢献を果たしているのです。ややもすれば、慈善事業とも揶揄されかねない昨今において、真っ向から正真正銘の児童教育に対峙することで、試行錯誤を繰り返しながらの活動が続いています。児童教育という明確なこたえを見つけることが困難な現場に参入するということ自体が大きな覚悟や使命、責任を負うということになります。アイリスクラブでは、児童の目線になるということを心掛け、ありとあらゆることに取り組むようにしています。大切なことは、児童が自ら考えて、学びとるということであり、行動することによって得た経験が人生の糧になっていくことを身をもって教えることにしているようです。

HMDコンサルタンツでは、運営するアイリスクラブにおいて、手作り感を大切にすることでも脚光を浴びています。各施設内には、職員や児童などによる手作りの装飾品などが多く見られており、ほのぼのとした雰囲気を醸し出しています。この取り組みについては、単に経費削減という目標に突き進むということではなく、物事を作りあげるという体験を通して、何かを感じ取るという体験をさせるという意味において重要性を持っているのです。自分たちで一から作ったという気持ちを持つことで一体感を得ることもできます。さらにアイリスクラブでは、さまざまなイベントを行うことで、児童の気持ちを飽きさせることなく盛り上げることに努めています。その際には、児童自らが絵画や工作、簡単な料理などをすることになり、夢中になって取り組む児童の姿がクローズアップされています。成長過程にある児童にとっては、これらの活動に懸命に取り組むことによって、さまざまな能力を養うことができると期待の声があがっています。また、職員や保護者にとっては、これらの活動を通して成長していく児童の姿を見ることによって、今後の児童教育のあり方のヒントにもなるという前向きな意見を述べる人も少なくありません。

HMDコンサルタンツが手掛けるサービスは、昨今における児童教育のあり方に一石を投じるものとして、注目を集めています。今般、児童が事件や事故に巻き込まれるケースが頻繁に発生しており、大きな問題になっています。中には、児童にとって一番の理解者であり、味方ともなるべきはずの保護者による児童虐待などのニュースが多く報道されるなど、深刻な事態を招いています。この問題を単なる一家庭の問題ということで片付けるのではなく、社会全体の問題として対峙することの必要性が叫ばれています。HMDコンサルタンツでは、運営するアイリスクラブでの活動はもとより、さまざま取り組みをすることによって、真の教育のあり方を模索し続けています。そのうえで原点にあるのは、次世代を担う貴重な存在である児童を預かる責任や使命の重さを念頭におくことです。社会的弱者である児童を守ることは、大人として当然のことといえます。児童の将来のことを本気で考えるのであれば、時には厳しく叱ってあげることも重要な役目といえるでしょう。当たり前ともいえるべきことを当たり前にすることが何よりも大切なことです。

株式会社HMDコンサルタンツ
http://ilisclub.com/company/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 一軒家の場合ですと物置などがありますが、賃貸物件の場合ですと収納スペースが十分でないケースが多いかと…
  2. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  3. 秀光ビルドはそれぞれの家族の理想を叶えるための素晴らしい商品ラインナップを用意しています。5つの選択…

アーカイブ

ページ上部へ戻る