永田紙業の社長である永田耕太郎が目指すリサイクル社会

日本のエコを考えた”R3サイクルシステム”が話題の永田紙業は、紙のマテリアルリサイクルから廃棄物のリサイクル業者まで幅広い事業展開をしている企業です。資源循環型のリサイクル社会を目指しており、さらなる事業の発展や成長が楽しみな企業といえるでしょう。
古紙については世界でもトップクラスの回収率を誇る日本において、同社はどのようなサービスを提供しているのでしょうか。今回は、永田紙業にスポットをあてて解説をしたいと思います。

◆永田紙業の展開しているサービスづくりとは
永田紙業は永田耕太郎が代表取締役社長の企業で、日本のエコを考えた良心的なサービスを展開しているのが大きな特徴です。紙のマテリアルリサイクルをはじめ、産業や一般廃棄物のリサイクル業者として様々な事業展開をしている企業です。資源循環型のリサイクル社会を実現できるような様々なサービスを提供しているのが大きな特徴で、地球環境にもやさしいサービスづくりがされています。
日本は、世界でも古紙回収率が高い国です。その理由としては、国土面積が狭い、ということや回収システムの整備が進んでいるということが挙げられます。そういった環境の中で、同社は紙のリサイクルを軸にバリエーション豊富な事業展開に力を入れています。国内資源を有効に活用するために、紙にまつわる便利で快適なサービスづくりをしているのが永田紙業株式会社です。

◆永田紙業では需要のある古紙を活用しているのが大きな特徴
紙のリサイクルで資源循環型のサービスを展開しているのが大きな特徴の永田紙業ですが、再生可能でかつ優れた資源でもある古紙にスポットをあてて上手に循環できる資源循環型のリサイクル社会を目指しています。中国の急激な経済発展の影響で、それに伴い古紙の需要も高まってきています。中国では、古紙の回収率がとても低く、多くの場合は日本からの輸入に頼っています。
海外でも古紙の需要が高まってきていますし、紙のリサイクルはこれからも需要の高いサービスだと永田耕太郎代表取締役社長は考えているのです。古紙の輸入は、中国だと日本から約65%を占めているほど、紙の輸入はもっぱら日本です。中国に対する古紙輸出価格の高騰に伴い、日本では製紙原料の安定的供給の確保が危険視されてきているので、回収業者それぞれのあり方も異なってきています。
永田紙業の永田耕太郎社長は、これからも社会貢献度の高い事業の運営や展開を目指しています。

◆永田紙業は国内資源の確保を優先している企業
安心安全に使える紙のリサイクル業者である永田紙業株式会社は、社長が永田耕太郎の企業です。永田紙業は、会社の利益よりも国内資源の確保を最優先させているのが大きな特徴の企業でもあります。
日本の製紙業界は、製紙原料の約60%が古紙です。永田紙業ではこの紙を上手にリサイクルし、資源循環型のリサイクル社会を目指しています。年間でも古紙の扱い量が約18万t、北関東でもトップクラスの回収量を誇っているのが大きな特徴です。どこを見回しても、このような高い古紙の回収量のある企業は珍しいでしょう。
永田耕太郎が社長の永田紙業株式会社は、非常に大きな影響力を持っている企業です。資源循環型社会になるように、回収業者である同社は会社の利益だけを考えるのではなく、国内事情や流通事情を考慮し、輸出をしない姿勢を貫いているのが大きな特徴です。
社会貢献度の高い事業展開と運営をしている同社は、他にはない独自のサービスづくりをしている企業です。

◆仲間を思いやれる人材育成に力を入れている
永田耕太郎が社長のリサイクル業者、永田紙業株式会社は、人材育成にも力を入れています。どのような特徴があるのかというと、ちょっと先のことや仲間のことを考えられる人材育成です。これは、いわゆる仲間を思いやる気持ちを養うことができるようになっています。
人間は、大事なことは目の前にあると考えがちです。しかし、熱心になりすぎると目の前のことしか見えなくなることもあります。そうではなく、永田耕太郎は今後や周囲のことも考えられる人、視野の広い人の人材育成に力を入れています。
また、視野を広げるためには自分の知らないことや見えていないことにも興味を持つことが大切です。視野を広げていきたいという人も、この永田紙業では歓迎されていますし、何より知らないことや分からないことにたくさん出会うことができるようになっています。

◆まとめ
新しい発見や知識の吸収ができると評判の高い永田紙業株式会社は、さまざまなことを学ぶことができるようになっています。視野を広げることもできますし、知らないことを知る楽しさや奥深さもこのリサイクル業者で学ぶことができるようになっています。
古紙や紙のリサイクルというのは、海外でも非常に需要の高い分野です。再生可能な紙をリサイクルして、活用できる資源循環型のリサイクル社会を目指している企業で、他にはない独自のサービスづくりがされているのが魅力です。
また、人材育成にも力を入れています。ちょっと先のことを考えたり仲間のことを思いやることの出来る人材育成をしている企業です。ちょっと先のことを考える、というのは簡単なように思えてなかなか難しいものです。永田耕太郎社長が考える人物像は、一言でいうと視野が広い人です。視野が広い人と言っても、さまざまなイメージを持っている人も少なくありません。今後や周囲のことを考えられる人材育成をしている企業です。

永田紙業株式会社
http://www.nagata-shigyo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. せかせかする毎日のなかで、こころの優しさが減ってしまっていることありませんか?こころのバランスを壊し…
  2. 日本のエコを考えた”R3サイクルシステム”が話題の永田紙業は、紙のマテリアルリサイクルから廃棄物のリ…
  3. 町田市 リフォームをしている企業で、口コミも評判な株式会社ベストコンストラクションをご存知でしょうか…

アーカイブ

ページ上部へ戻る