なぜ佐藤氏が代表を務めるミュートスのMR-SFAが選ばれるのか

医療業界向けの統合CRMシステムや医療MR向け営業支援システムを行っているところに株式会社ミュートスがあります。株式会社ミュートスの代表は佐藤氏となっていますが、この佐藤氏によって現在に至るまでさまざまなサービスが提供されています。
佐藤氏が代表となっているミュートスでは、MR-SFAが行われていますが、なぜ多くの製薬会社で選ばれているのかが気になります。そこにはいくつかの理由が考えられていますが、まずは豊富な導入実績を持っているミュートスだからできるお客さまへの提案力というものがあります。佐藤氏は医療業界でのたくさんのシステムの開発や導入支援や運用保守サポートに力を入れてきました。それが実績となって多くの人に認められているのですが、今まで行ってきた実績を元にテンプレートを作成し、そこで構築したシステムによって早く安く上手に提供することができるようになっています。MR-SFAが製薬業界に特化したエンジニアが持っている改善や改革の提案ができる機動力が大きな魅力となっています。

このほかにMR-SFAでは、テンプレートベースを製作することによって短期間開発と低価格を実現することができるようになっています。ここではイメージと違うというような手戻りがありません。新しく最初からヒアリングしながら進めるのと比べると、短い時間でのシステムの導入が可能となっています。MR-SFAでは既成のパッケージのように業務をシステムに合わせなければいけないと言うことがありません。今まで行ってきた業務運用に合わせて改善や改革を行った業務スケジュールに合わせて段階的にカスタマイズしていくことができます。このほかにミュートスのMR-SFAでは、スマートフォンやタブレットパソコン用に最適化したカスタマイズを行うこともできます。

佐藤氏が代表となっているミュートスでは、国内医療業界に合わせたテンプレートを使っています。ここで基本となるテンプレートは、国内の大手製薬会社に納入したシステムになります。その結果今までの導入実績や時代の流れに合わせたデザインや操作性能の見直しができます。マルチプラウザやタブレット対応を施して、バージョンアップを行ってきました。したがってミュートスのサービス基盤からクラウドサービスとしての提供をすることもできます。そしてこれらのサービスが認められ2014年9月現在、実に13社という多くの国内製薬会社に導入されています。

株式会社ミュートスの佐藤正晴氏が語る業界特性とIT戦略その③

株式会社ミュートスは医薬品メーカーに対する営業支援システムの開発会社としてトップシェアを有するベンチャー企業であり、提供するサービスプロダクトはコアサービスとして「MR-SFA」、周辺事業の見地からテンプレート化した「安全性情報管理システム」などがあります。「安全性情報管理システム」まで範囲を広げた要因として、MSL(メディカル・サイエンス・リエゾン)という職種に医薬品メーカーは外資医薬品メーカーを中心に力を入れてきているのが背景にあるという。

MSLとはKOL(キーオピニオンリーダー)に対して、医学・科学的なエビデンスや高度な専門知識をもとに、医薬品の情報提供を支援する新しい職種であり、医師に対して医薬品の情報を提供するMRと異なる。MRは営業や「マーケティング部門」に組織されていますが、MSLは「安全性情報室」に類する組織に所属している点で、役割が大きく異なる。MSLの主な業務は、KOLのマネジメントや医師の研究対応、論文投稿や臨床研究支援などがあるが、特にKOLのマネジメントと臨床研究支援が重要な業務である。従って、KOLに対して最新の医学・薬学情報をタイムリーに提供するだけではなく、新しい治療方法や医薬品の適正使用についてKOLと議論するなど、KOLの医療活動を支援する。また、新薬の上市(新薬が承認され市販されること)段階では、多くのKOLと良好な関係を構築し、学術的観点から有効性を説くことで、スムーズに市場に新薬を導入できるように活動支援します。加えて自社の開発部門と情報を共有しながら臨床試験施設の支援することがミッションであります。それらから業務を遂行するために、MSLは高度な専門書や論文を読み解く知識、英語力、さらにKOLとの議論や情報交換をするための高いコミュニケーション能力が求められ、医薬品メーカー内部においてはMRからMSLへの人事異動を行う企業も多いという。このことは医薬品の効用と医薬品の副作用を取り巻く我が国における世論が大きく変化していることが挙げられます。

更に医薬品の種類が増加することで、作用機序が複雑化・使用方法が多様化してきていことも背景にあります。また、医薬品の副作用のリスクも大きくなってきており世論の反応は今まで以上にセンシティブになってきている現状もあります。近年、医師はエビデンスに基づいたデータをより重視し、専門的な解釈や説明を製薬会社に求める傾向が強まってきていることから、従来のMR活動の範囲では、こうした医師の要望に対応することが難しいため、MSLという、より専門性の高い職種が注目され始めてきている現状があります。この様な時代背景を鑑み、「MR」(マーケティング部門)、「MSL」(安全性情報室部門)と区別されていることから、MRとの連携することら求められる「安全性情報管理システム」のテンプレート化に着手し販売を展開しているという。またSFAと連携すれば、ディテール計画時に併せて安全性に関する活動計画も登録可能であることから画面上のアラート・リマインド表示で確実に計画することができ、ワンストップで実績登録が行え、更にリアルタイムに進捗確認をすることができるのが特徴としており、より最適化されたシステムの提案が可能としている。

株式会社ミュートス
http://www.mythos-jp.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 一軒家の場合ですと物置などがありますが、賃貸物件の場合ですと収納スペースが十分でないケースが多いかと…
  2. 旅行に行って写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、28歳の男性です。男性だからこそ、グイグイと旅行先でも…
  3. 秀光ビルドはそれぞれの家族の理想を叶えるための素晴らしい商品ラインナップを用意しています。5つの選択…

アーカイブ

ページ上部へ戻る